小学生グループ@さくら May 24, 2017

2017/05/25

・BBカード
★クラブ 辛いゲーム
番号順にまず1枚表にして置きます。
全員でフルOSを言い、裏返します。
裏になった状態で、カードのフルOSを言います。
言えたら、2枚目を隣に置きます。
2枚とも言えたら、全部裏返し、また1から言っていきます。
言えたら新しいカードを足して、どんどん増やしていくと
途中のカードがなんだったっけ?
となりますね。

そうすると、覚えてる誰かがヒントを出して「あぁ!あれだ!」となります

最初は全員で、途中からは1人ずつまわしていきました。
No.1~12くらいまで来たところで、次のゲームに移りましたが
No.1のThe cat in a hatのカードは12回も言ったわけです。
どれだけ記憶に残るかは人それぞれ。
覚えることが目的ではないけれど
OSが言えるようになると、できることが格段に増えるので
おうちでもたくさんCDを聞いて、耳から音を覚えてくださいね

★クラブ phonics海賊船ゲーム
2チームに分かれて遊びました。
このゲームのリクエストがきたとき、「クラブは難しいよ~。」といったのですが
それでもやる!
ということだったので、チャレンジしてみました。

それぞれのチーム、1回ずつ船長さんが交代しましたが
それ以外はよく聞き取って(勘で!?)
船長さんを守りきりました

どんなルールなのか?
どうなるとボッカーンなのか?
みんなわかったかな?

・BB Treasure File
自分の好きなところ、おうちでも書いてきてくれていました。
「これしかなかった。」
という子も、複数個かけていて
Yukariとしては
「そんなにあるじゃない。」
です

これからいよいよ、自分の好きなものを入れていきます。
見ているだけで嬉しくなるようなファイルにしていきましょうね。

 

自分が言えるようになったBB SentenceはYukariの前で聞かせてもらいます。
そして、Time For Writingの右上にシールを貼ります。
今年度中に、64枚全部言えるかな?
今日はRとKが早速6個ほど、シールを貼れました。
レッスンの前と終わってからが、この時間になりますので
おうちの方、送迎は余裕をもってお願いします

-小学生グループ