幼小グループ Augsut 21'2015

お盆休みで久しぶりにそろったみんな。
どの子も真っ黒に日焼けして、
そして
ちょっとだけ大人びたように見えました。(外見が
・Q&A
曜日の質問をしているとき、Koが親指を背中に向けて
"Yesterday!"とジェスチャーをしながら言ってくれました
これって、いっつもYukariがやってること。
映像と言葉はセットで記憶されると定着しやすい!

・えほん 『Dot』
本文が"Dot"しかない、短編の絵本です。
簡単なのですぐに読め(めるふり?!)ちゃいました♪
だけど、
読める!っていう感覚はとても大事です。
ここから
やる気や自信、自尊心が育ち、本当に”読む”ことにつながります。

・BBカード
★クラブ 緊急入院ゲーム Beware of heatstroke!
久しぶりでしたが、「熱中症」という単語、覚えていました
このゲームはみんな好きで、
1枚カードを読むごとに
「あぁ~薬が~ぁ!」とか「頭じゃなかった~よかったぁ~。」とか
もう大騒ぎです

「Yukari1回、みんな1回」
と各所各所、促しながら進めました。

頭が痛くなったら
"Use your medecine."(薬飲みなよ。)
薬がなくなって、頭が痛くなっちゃうと熱中症で緊急搬送です!
"You should go to the hospital!"(病院行くべきだよ!)

Kが搬送されることになり、Yukari救急隊員に搬送され
他のみんなは代わりに保険金を受け取りました

★スペード 宝くじ rich/poor
このゲームでは、おもちゃのお札がポイントの代わり。
お札はもらえるので、みんな真剣です。

richそうなカードを5枚選んで。。。

The first card is...the second card is....the third card is...
the fourth card is....the fifth card is...

1人ずつめくって、みんなでOSを言っていきます。
実は、このゲーム序数を入れたくてやるんです
1人分ずつ必ずfirstからfifthまで言うので、何度もやるうちに
自然に覚えてしまいます。
カレンダの日付を聞いたときに、サラサラ~っと出てくる日を楽しみにしながら
Yukariはこのゲームをします。

Yukariと同じカードがあったら1万円獲得。
更に場所も同じだったら5万円獲得。

みんなそれぞれの懸賞金をもらって、えいごで言いました。
日本語だと数字に万円を付けるだけですが、
英語だと○十千円となるので、複雑です。
まだ大きい数をえいごで言えない彼らにとっては???の世界。
でも、とにかく言っておくこと。
お口の筋トレをしっかりしておけば
意味がわかったときに「あぁ~!」と納得します

★ダイヤ ビンゴ
読み札をヒントカードにしてビンゴをしました。
ヒントカードというのは、絵カードの一部だけを抜粋して描いた絵カードです。
わかりづらい、リボンやバッグだけを取り出してあるので
こども達は頭を使って一生懸命探します。

こんなところからも、OS(カードの文章)を引き出して
いろんな角度からinput outputしていきます

-幼小グループ(2015年度~)