小学生グループ@さくら May 18, 2016

2016/05/19

今日から新しいメンバーが入りました♪
Rは体験レッスンも含めて3回目の参加なので
みんなとはもう顔なじみ
既存メンバーは心なしか張り切っていてうかれて?!いました
うれしかったんだよね~♪

・May I come in? / go home? / go to the restroom? / go out?...
お教室で使うセリフを練習しながら、おトイレの場所などを紹介しました。

・自己紹介
name / age / thak you / here you are
マイクをパスしながら自己紹介をしました。

・BBカード
★スペード(絵、字) Break the T3
「絵でも字でもいいよ~。」っていったらみんな絵カード
「絵カードでもいいけど、字カード使うと字が読めるようになるよ~。」
っていったら
S, Aは字カードに変えましたRは絵と音が一致するまで、字カードは使いません。
しばらくは絵カードでいきます。

カードをよく切って、パイルにし自分の前に置きます。
そこから3枚めくってパイルの上に並べます。
するとアルファベットのTの形に!

自分の番がきたら、その3枚のうち好きなカードを選びフルOS(オリジナルセンテンス)を言います。
みんなはリピート。

同じカードがある人は、そのカードをパイルの下にさげ、
パイルから新しいカードを補充します。

字カードを選んだ二人。
まだ読めないカードは指をさせば、Yukariがヒントを出すことになっています。
"This one."
指をさしながら、自分からえいごで言えました普段お教室で使うセリフにも、少しずつえいごが浸透してきています
Yukariが何を言うか?
いつも注目して目をYukariに向けてくれるS。
耳だけじゃなく、目も使っていろんなことを吸収しています

スペードのカードも、Break the Tも初めてのR。
でも、自分の番がくると「これ。」と進んで指をさし
みんなが言ってくれたフルOSをゴニョゴニョと声に出していましたしかも、なんとRがwinner!
えいごの力とは関係ないところで勝敗が決まるというのが
BBカードゲームのいいところ。
だからこそ夢中になれるんです

A crow in yellow showed me a rainbow over the river.
「黄色い服のカラスが何を見せてくれたって?」
「虹」
「そうだね~。虹だね。」このやりとりをちゃんと聞いていたR。

もう一度同じカードが出て、同じ質問をしたとき
誰よりも先に「虹。」と答えてくれました

★クラブ(絵、字) ビンゴ
先程の流れをくんで、既存生はみんな文字カードを選んでくれました「リーダーやりたい人いr?っていったら
女子が手をあげてくれ、じゃんけんでTに決まりました。
読札をみながら自信をもってフルOSを言ってくれました。

初めてのマークだったけど、Rはちゃんと他の子のカードを見てどれかわかろうとしていて
字カードを選んだ既存生たちも、「え?どれ?」となることなく
すんなりカードを裏返せていて、自分からどのカードか知りに行くという姿勢が
とってもいいな~と思いました

★ハート のこったのこったゲーム
2チームにわかれて遊びました。
BBカードをよく混ぜて、14枚を使って土俵を作ります。
残りの2枚を力士に見立てての、お相撲ゲームです。

読札と同じカードを場から裏返していきます。
力士カードが読まれた場合、土俵がまだあれば土俵カードと交換できます。
土俵カードが全て裏返っていたらそこでゲームオーバーです。

いつもは後半の後半になるまで、力士カードが出ないことの方が多いのに
どういうわけか今日は
TRチームの力士ばかりが読まれる日でした。

「あぁ~。やられたぁ~。でもまだ交換できる!」
「あぁ~。またぁ?!」
「うっそーまたまた?!!!」
だんだん笑えてきて、TRチームの力士カードが読まれるたびに
みんな大笑い

それでどんでん返しでTRチームの勝利でした~!
となればよかったのに
結果は
そのままASチームの逃げ切り~とっても盛り上がりました

 

-小学生グループ