小学生グループ@さくら December 10’ 2014

************************************************
こちらのクラスでは小学校低学年の一緒に学ぶ(遊ぶ?!)
生徒さんを募集しています!
遊びは膨大な反復練習を苦なくさせるとても有効なツールです!
”本気であそんでちゃっかり身につくえいご”を体験しませんか?
学習歴は問いません。
差があっても、一緒に楽しめて学べるのがBBカードのいいところ
その人その人にあった声かけでしっかりフォローします
お問い合わせはお気軽にどうぞ。お待ちしています
************************************************

 

・うた The twelve days of Christmas⑤
いつも一緒に歌のですが、今日はYukariは聞き役に徹しました。
Tはハッキリした声で歌えていました。
他の子たちは小さい声ではありましたが、ずいぶんと歌えるようになっていて
感心しました!

・Homeworkチェック
絵カードが宿題でした。
自分のイメージをしっかり絵にできたS。
色もきれいにぬれていました

・文字カード作り
何度か練習して、片面白カードに清書しました。
1回で清書にいけるまでに成長していたのには驚きました
アルファベットの形もお手本を真似てきれいに書けました。

・BBカード
★クラブ+スペード+ピザの具カード ドーナツゲーム
"Can I have a piece of pizza, please?"
でドーナツ状に広げたカードから1枚ひきます。
BBカードなら全員でフルOSを言い、
ピザの具カードなら
Yukariが"What kind of toppings, would you like?"と聞き
引いた具をくださいと英語でいいます。
"Onion, please."
Yukariがピザの具カードを引いたときは
みんなが店員さんのセリフを言ってくれました。

このゲームで1枚もピザの具カードを取れなかったS。
S is unhappy. ガッカリしていました。
そこでもう一つゲームをすることに!

★ダイヤ+クリスマスワードカード クリスマス落城ゲーム
てっぺんに10ポイントを取りに行きます。
上まで道がつながった人がもらえます。

BBカードを引いて全員でフルOS。
YukariがクリスマスワードとOSの合体文をいい
全員でリピート。
クリスマスワードカードを裏返します。

ポイントがすでにある子たちは
合体文をイメージしてお話の世界を楽しむ余裕が
ところがこのゲームでもSはポイントを取れませんでした

完璧に凹んでしまったSに
苦肉の策をとりました。
「今日の勝敗はチーム戦できめるよ!」

2種類のカードを裏にして一人一枚ひきます。
同じカード同士でチームにしました。

「これでYukariとSがチームだったら乾杯だね」と
冗談を言ってはみたものの
そうならないことを必死で祈った結果。。。

見事Sは優勝チームに
ふ~っよかった~
みんながhappyに終わった今日のレッスンでした。

来週はレッスンがありません。
次回はクリスマスパーティで

-小学生グループ