大人はじめてグループ August 21'2013

Q. Did you go to see Akagawa fireworks show? Where?

All of them went to see the fireworks show ;-D
I am happy to hear that all of you enjoyed the show

・phonics "sh"
日本人が発音するときに仕分けずらい音、"sh"と"s"。
単語だと"she"と"sea"とか。

そこで、発音分けの練習にいいtongue twisterを紹介しました。
早口で間違わずに3回言えたら合格

"She sells seashells by the sea shore."

・BBカード
★ハート 2ヒントビンゴ
Yukariが該当のカードについて2つヒントを出します。
そのカードがどれか当てて、さらにOSを言えた人は+1ポイント。
カードはわかるけれど、OSが言えない。途中だけ言える、というのもありましたね。
結果、Kさんの一人勝ち
でもビンゴの数はいちばん少なかったですね。
できる人だけが勝つわけじゃないところが、ゲームで英語を学ぶいいところです

それにしてもKさん
OSがずいぶん入っていたので、どうして言えるようになったのか聞くと。。。

車でCDをよく聴いたそうです。そして、聴くだけじゃなく、声に出したことが大きいと教えてくれました

Yukariはこれに付け加えて、一番大事だと思うことがあります。
それは”興味を持ってする”ということ

Yukari自身、車で英語学習用のCDを流してリピートしながら運転することがありました。
でも、そのときに声に出した英語はほぼ覚えていません
内容が興味のあることではなかったからなんです。
Kさんは、BBカードを始めた当初の一番興味がある時期に、毎日CDを聴いて声に出していました
そして、週に1回、レッスンでアウトプットするチャンスがあったわけです。
コレ↑がよかったんだと思います。

アウトプットの場があるだけでも、モチベーション維持につながりますよね。
隙間時間を上手に使って、CDの上質な英語を是非、インプットしてください

★全マークから各自6枚選んで陣取りゲーム
自分が苦手だと思うカードを6枚選んで、テーブルに横一列に並べます。
対戦相手のカードとの間に、コマを交互におきます。

オセロブラックアウトじゃんけんをして勝った人は相手のコマが置かれているカードから1枚選び、苦手なOSを言います。
言えたらコマを自分の色と取替えます。そのくりかえし。
全部のコマが自分の色になった人が勝ちです!

 

 

残り1つのところから逆転することもあるスリリングなゲームでもあり、苦手なカードをたくさん声に出すことができる克服ゲームでもあります。

ただ、OSが全然入っていない状態だと、リピートするための音源が必要でした
今回は、Yukariが都度、OSをいいましたが、そのせいでテンポよくゲームがすすまなかったことが反省点。
次は、得意なカードでやってみようかな

・絵本 ORT『The Go-Kart』

Oxford Reading Tree: Stage 2: Storybooks: the Go-kart

双子のBiffとChipはひとつのものを取り合います。
ケンカになるので、Dadがshedにしまってしまうのですが、
その後作ったswingでも。。。思わず「あぁ~はっはっは」となるストーリです

 

 

 

-大人はじめてグループ