中1単発レッスン April 23, 2019

2019/04/24

Ring*Ringでは中1の既存生には、4~8月単発レッスンとして
来たときだけレッスン料を支払う形をとっています。
中学生になって、生活スタイルも通学路も先生も変わって
最初はどっと疲れると思うんです。
レッスンに来るのが大変な日もあるでしょう。
だから、慣れるまでの1学期間を単発レッスンにしています。
少しでもハードルを下げて、来られるときは思いっきりできるようそして9月からは通常のグループレッスンに戻ります。
中学生は英検対策にも取り組みますよ~!
このクラスでは、一緒に学ぶ仲間を募集しています🍎
お子さんにえいごを、とお考えの方がいましたらお気軽にお問い合わせくださいね。
お待ちしています

4月から中学生になったK。部活の後、自転車でやってきました。
レッスンはいつも通り♪英検過去問をやってガッツリモードでしたが
たくさん笑って楽しくレッスンしました

・日付書き、Q&A

・英検4級過去問
検定料が年々高くなっています。
5級は3,000円。4級は3,600円。
みんなは5級は受かるレベルにあるとYukariは思っています。
両方受けると7,000円近いので、「秋に4級はどう?」と提案してみたところ、
問題がとけるか試してみよう!となりました。

2018年第2回目の4級リスニング問題を解いてみました。
知らない単語や、言い回しはあるものの、
BBカードで培った「類推力」と、小さいころから養ってきた「英語耳」が力を発揮✨
リスニングはそれほど苦にならず、解いていました

次回はリーディング問題をやってみようかな。
リーディングはリスニングよりはてこずるハズ。
でも、ちょっとしたテクニックでいけるような気がするなぁ~

Ring*Ringでは英検を目標としているわけではありません!
こども達が興味を示したとき、あとは中学生のレベル上げのために
英検問題を取り入れています。
学校の教科書に添ってというレッスンではないので、
まだ習っていないことやるときもあれば、既に習ったことをやるときもあります。
中3で出てくる文法が難しいと、誰が決めたんでしょう?
BBカードで育った子たちは、最初から現在完了形を目にしています。
いろんな文法をいろんなタイミングでいろんな角度から、スパイラルにインプット・アウトプットすることで
長期記憶に送られ、自分の英語力になっていきます。

このクラスのみんなは英検に興味深々
Ring*Ringではやりたいことを応援していきます

・BBカード
★クラブ(絵)+動詞カード ノーリーダービンゴ
自分に有利なカードのフルOSを言います。みんなリピート。
動詞カードを1枚引いて、
”She can jump. She can't jump.”
肯定文と否定文にしました。

いつものように、何の説明もせず、最初はリピート。
「何ができると思う?」
意味とりの質問で、どんな文なのか自分で気づきます。

途中からは、動詞カードを見せるだけ。
みんな自分から言います。
”They can sleep. They can't sleep."

「自分だったら?」「あたなだったら?」
言い換えもたくさんしました。
”Can you do a magic?"
試しにした質問でしたが、驚いたことに全員が
”Yes, I can!"😲

そこからえいごレッスンではなく、マジックショーが始まりそうだったので
「後でね!」とレッスン終わりまで待ってもらいレッスン後は各々のマジック披露と、レクチャー大会でしばらく残っていました
帰るころには
「お腹すいて自転車こげな~い💦」という中学生。
バームロールを1つほおばって、家路につきました🚲

-中学生グループ