BBカードはなぜいいの?

リンリンでメインの教材として使っているのが
”BBカード”です。

DSC01752

 

 

 

 

(このカードがどんなカードかはコチラをみてくださいね。)

大人もこどもも、このBBカードで「遊ぶ」ことが
「レッスンの核」です。

このカードのいいところは、64文という基礎構文を
楽しみながら、苦なく覚えてしまえるところ

しかも、毎回必ず使います。

ほとんどの英語教室では、
月ごと、期間ごとにトピックが決まっていて
単語をならって、構文に当てはめて練習。
そのあとゲームやペアワークなどでアウトプット。

でも、次の月や期間には、
また新しいトピックに移って
それまで習ったものを、繰り返し使うチャンスというのは
めぐってきません
あとは、自分で復習したり、使うチャンスを作るしかないのです。

でも、BBカードは
毎回全ての文を使って遊びます。

だから、定着がいいんです。
そのうち、単語ひとつ言っただけで、
全文がスラスラと出てくるようになります

しかも、この64文がえいごの核となって
習得に必要な
文法・発音・抑揚など
全てを学習することができるんです。

それも、遊びの中で

だから、”やさられている”感がなく、
”能動的に”力をつけることができます。

そのぶん、力がつくスピードは十人十色。
でも、
いつでも戻ることができるし
いつでもチャレンジすることができる。

そこもまたBBカードのいいところ
だけど、
使う側の手腕が試されるのも
BBカード

生徒さんの今の能力、望むもの、その先
をよく見て
その都度、ピッタリ合ったアプローチをしていかなくては
なりません。
Yukariも日々、勉強です(まだまだですが

使い方も学び方も
いろんな可能性があるからこそ
わたしは
BBカードがスキなんです。

BBカードをもっともっと自分のものにして、
リンリンの生徒さんに
たのしく、身につくえいごを
プレゼントできるように
もっともっと勉強します

-講師Yukariの徒然ブログ