幼児グループ September 18'2013

・Q&A
name / age / day / date / weather
男の子はまだ、曜日や日付に興味はないのかな?日本語でもわかっていません。
女の子の方が、そういったことは早いのかもしれませんね。

♪1~10で発音練習 チャンツでぽん
ジェスチャーをしながら歌いました。

・BBカード
★スペード くもの巣ビンゴ Spidermanに主語をかえながら
ゲームの前に、雰囲気をつかむため、こわぁい声でイメージを話しました

「ハロウィンの夜に、みんなはTrick or treatingに行きます。
ここには大~きな木があって、その枝からspiderが糸を伝って
つーーーーーーーーっと降りてきます。
みんなの肩に乗ったら。。。。どうする?」

「きゃー!」

となるのは、Yukariだけのようです
男子は「えいっってふり払う!」
女子は「頭の上に乗っける♪」

「と、とにかく。
くもが降りてきたら、叫ぶんだよ

とだけ言って、ゲームスタートww

4×4のビンゴの形に並べた、カードの縦列ひとつを選んで
くものコマを置きます。
その列が全部ひっくり返ったら、くもが肩に降りてきたことになって
叫びます。= 負けです。

読み札→リピート→主語をSpidermanに変えていう→リピート

主語が変わると、おもしろ文章になるものもありました。
こども達は、すぐにイメージできたようで、おかしくて笑ったものもありました

このゲーム、Yukariが勝ってしまって「えーっ!」な雰囲気

★ダイヤ+ハロウィンシート+ハロウィンカード
HWシートにはビンゴの形になっている、ハロウィンキャラがかいてあります。
1ビンゴできた人が勝ちです。

ダイヤが読み札です。読み札のカードをみんなで一緒にいって、
HWカードを一枚ひいてもらいます。
でたキャラとダイヤを合体させて、Yukariがいいます。
みんなリピート。

こちらもすぐにイメージが浮かんだようで、話を膨らませて楽しみました。

・Nancy gave ma nine new haunted houses.
→ Sくん、「9じゃなくて12ほしい!」
えー!おばけ屋敷なんてほしくないよ~

・A mummy has gone to Hawaii.
→ 何しにいったんだろう?
巻いてある包帯を全部とって、海の魚を驚かしにいったって(笑)

・Lucy Locket lost her spider.
→ いや~!そんなものなくさないでぇ~

ひとつのセンテンスから、お話(イメージ)を広げることで
後々、英語でお話作りするときの練習になっています

このゲームも、Yukariが勝ってしまって「えぇーっ」な雰囲気。。。「Yくんいたら、絶対Yくんが勝ってたよ~。」
この日、おうちの用事でお休みしたYくん。
ゲームは運しだいの勝敗ばかりなのに、なぜか勝ちが多いんです

Yukariだけが勝ったので、
Sくん「Yちゃんとオレの勝負は?」ともう一勝負したそう。

YちゃんとSくんの勝った方に、Yukariのポイントを全部あげることにして
最後の1ゲームをしました。

結果は、なんと!勝負がつくどころか、引き分け
ポイントは二人で山分けでした。チャンチャン♪

・絵本 先週のつづきを読む約束だったのに、時間がなくなって読めませんでした。

-幼児グループ