幼小グループ December 2, 2016

2016/12/03

・Q&A
December second という日付け。
月名も日付けもスラスラ出てくる子と
なかなか出てこない子、様々です。
同じことを聞いても、記憶に残る子残りにくい子がいます。
まさに十人十色。
でも、くり返しているうちはいつかは長期記憶に残ります。
そのときまで楽しく飽きずに繰り返せるようにRing*Ringで声に出していきます

・うた The Twelvedays of Christmas③
みんなよく声がでています。
歌詞が曖昧なところも、止まるのではなく
ゴニョゴニョとそれらしく声を出して鼻歌で歌えているのが
ほんっとうにスバラシイ

クラスの雰囲気がハッキリ歌えなくても
しっかり声を出すことを受け入れているからだと思います。
歌えないからといって、口を閉じてしまう子は誰もいません。
こういう子たちは上達が早いですね

・BBカード
★スペード Black Out 8
放射状に並べたカードをpizzaに見立てました。
最初は裏返ったカード(pizza)を食べることができて
whole全部食べた人が勝ち、だったのですが
Koの提案で読まれたらpizzaが焦げたことに。
でも、焦げてしまうと全部読まれた人が負けてしまうので
みんなでアイディアを出し合って
最終的には、読まれたらpizzaがうまく焼けたことに。
早くwhole pizzaが焼けた人が勝ちになりました。

こども達からゲームのアイディアがでて、それが実用化すると
本人たちが何よりもやる気になるし、活き活きします

"Can I have a piece of pizza, please?"をかけ声にするはずが
すっかり忘れてしまいました。
このセリフ、クリスマスパーティで使うので
しっかり使えるようになってほしいんです来週は忘れずにレッスンにいれなくちゃ!

★クラブ+pizzaカード Black Out Pizza → バーゲンセール
各自、pizzaが美味しく作れそうなカードを6枚えらび手に持ちます。
読札を数枚ずつに分け、pizzaカードの名前を付けます。

Yukariがお店の人になって会話練習をしながら遊びました。
Ss : "Hello!"
Y  : "Hello! Can I help you?"
S  : "Can I have some corn, please?"
Y  : "Sure."

Ss :生徒全員
S  :生徒一人
Y  :Yukari

各自下線のところを自分の好きなトッピングに変えて言います。
言われたトッピングのところから読み札をめくりOSを言い、
みんなはリピート。
同じカードがあったら、裏返します。

1人が勝ち抜けたら "How many pieces of "namayake" do you have?"
で生焼けだったpizzaが少ないひとから高ポイント鮮やかに勝ち抜けたMeは最高ポイントです♪

その後、そのままのカードを場に広げてバーゲンセールをしました。
みんなは後ろを向きます。
Yukariが場のカードを数枚合体して言います。
みんなはリピートしてから、合体されたカードをカルタの要領でとっていきます。
われ先にとカードを探す様子が
まさにバーゲンセールそのもの

同じカードに手を伸ばしたSとJ。
ケンカになるかな?と思いきや
"Rock scissors paper!"
円満に解決していましたえらい!

合体文をたくさん声に出すことで
文構造が感覚的に身に付きます。
そのうち言うと同時に意味がわかって、面白がる余裕もでてくるはずです

クリスマスパーティの出欠提出ありがとうございました。
全員分しっかり受け取りました。

 

-幼小グループ(2015年度~)