小学生グループ January 27, 2017

2017/01/30

・Q&A
日付け、曜日、天気等をノートに書きます。
時間になったら途中でもストップしてレッスン開始です

・えほん 『The Lady with the Alligator Purse』

実はもう一冊用意していたのですが、
どちらがいいか多数決をとったところ、この本に
偶然にも前のクラスと同じ本です。

タイトルを見せると、自発的に読もうとするみんな。
そして。。。
読める!!!
いつの間にやら、「この単語も?!」というような文字まで
読めるようになってきました
もちろん全員が全員ではありませんが、
1人1人のペースで、いろんな積み重ねの中で
かならず読めるようになるので、今読めなくても心配いりません

このお話にはメロディが付いていて、リズミカルに読むことができます。
後半は、一部、みんなで歌いながら読みました。

・BBカード
★ダイヤ Phonics海賊船ゲーム
2チームに分かれて対戦しました。
各チーム、ダイヤの絵カードをよくきって、そこから8枚を使って船を作ります。

 

IMG_3454

IMG_3455

 

注)船を作りました(笑)

船の積み荷を運ぶ、航海に出ます。
ところが途中で海賊が襲ってきます。
Yukari:”Cannon!(大砲)”
みんな:「ボカーン!」
読札の、フォニックスの音を1回だけ言います。
Ex. Bettyのカードなら”b”と1回だけ言います。
船長のコマを一つのカードに置き、読み札と同じカードにあると思ったら
避難するため移動させます。

3秒後に攻撃がやってきます。
Yukari:”Attack!"
みんな:「ボカーン!」
読まれたカードは、積み荷が大砲に沈んだことになり、裏返します。

途中で船長が大砲に当たったら負けです。
残った積み荷の多い方が勝ちです。

初めてやったのですが、大砲フォニックスの音を聞くとすぐに
「b(ビー)の音だから、このカードだ。」
などと、音とアルファベットが結びついている発言多数

楽勝だったようで、船長は両チームともぴんぴんした状態でのゴールでした
次は、文字カードでやってみようかな

★スペード(字or絵) ノーリーダービンゴ
全てのカードの主語をBettyちゃんに変えるビンゴをしました。
主語が長いOSのときも、手箱を見せてあげると
1人で言い換えできていました。
が、やっぱりまだまだです
もっともっと言い換えを、ゲームの中でたくさん経験させてあげなくっちゃ!
最初はリピートでも、何度もくり返し経験したことは
その時がくれば、できるようになります。
その数は人によって全く違うので、一斉ではありませんが

ひとつのことだけを繰り返しやるのではなく
いろんなことをいろんな角度からアプローチし続けることで
思わぬときに、思わぬ花が咲くものです
例えば、文字カードをやり始めたら、覚えられなかったOSが覚えられちゃった、とか

是非ぜひ、おうちでもBBカードを使ってビンゴゲームをしてください。
CDも隙間時間にたくさん聞いてください

2月は雪のため、レッスンがお休みです。
各自、選んだ課題をして
次回は3月3日(金)です。
3月にまた、みんなの元気なお顔に会えるのを楽しみにしています

-小学生グループ