中学生グループ October 15, 2019

2019/10/16

・絵本貸し出し、日付書き、Q&A

・Jolly Grammar
久しぶりにDictationをしました。
音の通り書く、というのは
音が聞き分けられたり、口の形を認識できるということ。
曖昧な音や似たような音のときは
Yukariの口をじっくり見て考えていました
たくさんの音に触れて、自分の中に音と文字のデータが蓄積されていくと
書くことももっともっとスムーズになります。

・Halloween BBシート 1ビンゴゲーム
よく声が出ています。
それらしーく言えています♪
どれか一つはそらでも言えるかな?

・BBカード
★クラブ+Halloween BB+数カード Halloweenうすのろ
どのクラスでも人気のゲームです♪
BBカードと数カードをよく切りパイルにして中央に置きます。
Halloween BBは人数種類×3枚用意し、手持ちにします。
同じカードが3枚揃ったら、中央にあるコマをこっそり一つ取ります。
今日はそのコマをskull(💀)にしました

クラブのフルOSはスラスラ言えるので、テンポよく進めながら
意味取りを入れたり、言い換えをたくさんしました。

数カードが出たら、それと同じ枚数のカードを隣に渡します。
”How many jack-o'-lanterns are there?"
”There is/are ○○ jack-o'-lantern(s)."
あります・います の言い方を練習できました

★スペード+Halloween BB×2セット Save the 3
手持ち札は一人3枚のHalloween BB。
出てきたBBカードのキャラに仮装しているのは???
バレたらその場に捨てます。
最後までバレずに残った人が勝ちです。

BBカードをめくって全員でフルOSを言います。
主語の代名詞を使って ”He is .....
Halloween BBから1枚めくって ”He is a vampire."
のように言っていきました。

an owl や They are goblins. のような違いも確認しながら
たくさん言いましたね

 

次回はHalloween Lessonです🎃
いつもと違う曜日ですので、ご確認をお願いします

-中学生グループ