小学生グループD May 15, 2019

2019/05/16

・絵本貸し出し、日付書き、Q&A

・Time For Writing ♢No.2
今日の音は"c""k""ck"です。
音は同じでも字が違います。
今日は”c”のページをやりました。

Cathy Carter comes to Zanzibar on foot.
「Cathyちゃん歩いてくるんだよ~!」
「何日くらいかかるの?」
という何気ないみんなの会話から、世界地図を取り出して
Zanzibarを大捜索!アフリカにあるのは確かなんだけど。。。
とみんなで目を凝らして探しました。
一緒に書かれている国旗や、国名からも探したのですが
残念ながら、Yukariがコピーした地図では見つけられませんでした💦
でも、本当は載っていたんです!
後日google mapと照らし合わせたら、Yukariの地図では国名も書かれていない
小さな小さな島でしたが、確かに描かれていました。
←を書いたので、次回お教室に来たら見てみてくださいね👀

・BBカード
★ダイヤ+tall Save the 5
1セットの中から、「背の高そうなカード」を各自5枚選んでもらいました。
読み札のQueはおまじない。
buy-bought-bought と聞いてどのカードのことか当ててもらいます。
出てきたフルOSはみんなでリピート。
その後、「ピンポーン」「ブッブー」で解答。
ブッブーだったときは、次の人が答えます。

読み札と同じカードがあったら場にすてなければなりません。
1枚終わるごとに
”Did you save your cards?"
didで聞かれたらdidで答えます。
”Yes, I did." "No, I didn't."
みんな考えることは一緒なんですね。
背が高いと言って選んだカード、かぶるかぶるその中で、1人だけカードが守れたりすると、その子はとっても得意気

tallのカードを見ながら、リピートします。
”She is very tall. How tall she is!"
もちろん最初から意味を教えたりはしません。
何枚かやって、「彼女はとっても何が高いと思う?」
「なんて背が〇〇なんだ!と思う?」
など、ときどきポロっと質問することによって
みんなは自分がどんなことを言っているのか教えられなくても理解します。

でも、
言っていることを理解するのと
ひとりで言えるのとは別。

1度ゲームでやったくらいでは、自分のものにはなりません。
今日はもにょもにょリピートしながら、「なんて背が高いんだ!」っていうような意味の
えいごを話した。
それで十分💮

次回は形容詞を変えてまたやろうかな?
それとも、忘れた頃にやろうかな~
出したり引っ込めたりしながら、何度も繰り返す。
そうして長期記憶に送り込んでいきます。

★クラブ ゾンビすごろく
「♣で何したい?」と聞くと、このリクエスト
「制限時間制にしない?」
との提案があったので、半分をゾンビ。半分を人にして
ゾンビは制限時間内に全員をゾンビにするのがゴール。
人は制限時間内を生き残ることがゴール。
最初の数分で、生存者1名のみになるという
その後、その子が最後まで生き残ったというドラマチックな結末でした

通るすべてのカードのフルOSを言いながら、意味とりもしながら遊びました。
たっくさん声を出したので、おうちに帰ったら水分補給をしてくださいね♪

BB Challenge、挑戦中のKとM。がんばっていますよ~

-小学生グループD