人生初!とうとう胃カメラ!?

February 15' 2013
この度は、生徒、保護者、関係者の皆さんに大変なご迷惑をおかけしています。
体調管理も実力のうちだというのに、年明けから立て続けに体調を崩してレッスンに影響を出してしまい、大変申し訳なく思っています。
検査の結果、細菌感染によるものでした。特定された菌は検出されず、雑菌でしょうとのこと。
インフルで免疫が低下していたこともあり、安々と侵害されたようです。
事の経過をご報告します。
2/7(木)
夜、突然の発熱。本人もびっくりでした。
2/8(金)
日中は、37~38度台の熱。夜になり上昇。最高39度。
2/9(土) 
内科を受診。熱が38度台で、血圧も低かった為、たっているのが困難な中、歩行中に貧血を起こしたようになり倒れ、そのまま数秒意識消失したそうです。その後、救急車で病院に運ばれ、検査。帰宅。
2/10(日)
抗生剤のおかげで、熱が下がり始める。と、同時に関節痛や湿疹、舌や唇のひどい荒れが始まる。→熱が出た後遺症のようです。
2/11(月) 
状態変わらず。
2/12(火) 
再度、病院を受診。熱も下がったし、血液検査の結果、他に以上はナシとのこと。通院の必要もナシ。
2/13(水) 
朝から突然、みぞおちが痛む。
2/14(木) 
みぞおちの痛みが消えないので、内科受診。歩く振動が響く、押すと痛い、息を吸うと痛い。触診の結果、胃でしょうと。今回のことで、胃にストレスがかかり、潰瘍かポリープができたかもしれないとのこと。胃腸薬を処方され、服用中。
2/15(金) 
処方された胃薬が効いたのか、徐々に快方に向かっているようです。
一度検査をした方がいい、とのことで来月胃カメラを飲むことになりました。
この数日で人生初体験というものを、いくつ経験したでしょうか。
一日にインフル検査2回、血液検査2回、尿検査2回、救急車、そして胃カメラも初体験です。
健康には気を配っていたつもりでしたが、どこかで「自分は丈夫だから」と高をくくっていたのかもしれません。
大事に至らなかったことに感謝しつつ、これからもっともっと体を元気にします。
来週から、レッスンを再開する予定でいます。
皆さんには、ご心配をおかけしました。
温かい言葉をかけて、気遣ってくださりありがとうございました。
感謝!のひとことです。
どうぞ、これからもリンリンをよろしくお願いします。

-講師Yukariの徒然ブログ