幼児クラス(初レッスン)

April 10' 2013
♪Walking Walking 最初にアカペラで動きを覚えて、それからCDと一緒に。
元気に体を動かしました

・BBカード
ダイヤ ビンゴ ×2回 → Save the 1 一番おなかが空いていそうなカード
ビンゴを数えることに慣れていないみんな。一人ずつ一緒に数えていきました。
Save the 1は、お題のカードをそれぞれ1枚選んで、最後までそのカードが読み札から読まれなかった人が勝ちです。
Y&Y、S&Yukariが同じカードを選んでいたので、勝つ確立は1/2。
双方のカードがなかなかでなかったのですが、最後の最後でS&YukariのHappy Henryが読まれてしまって終了~。Sは残念そうでした
YYコンビ。Yくんは自分の1枚が守れてYeah!Yちゃんは、「どうなると勝ちなの?」と不思議顔。
Ring*Ringは教えない教室なんです。(英語教室のくせに)
英語の文法も、文章(オリジナルセンテンス;OS)の意味も、ゲームのルールさえも!
ゲームをしながら、右脳を使ってルールを探ってもらいます。
教えられたことはすぐに忘れてしまいますが、自分で気づいたことは絶対に忘れません。
ルールがわかったときの、あのパッと輝く顔を見るのが楽しみです
このクラスは、今日が初レッスン
初めて会うクラスメイトもいましたが、前から知っていたかのように打ち解けて会話もみられました。
さすがこどもは順応力が高い!と感心&びっくりさせられました
英語経験のないS。
他の二人に気後れすることなく、声を出して、元気にゲームを楽しんでいました。
わからないカードがあったYちゃんに、Yくん「これだよ。」と見せてくれました。
「Y、やさしい~♪」というと、「だってYukariがやさしくね、っていったんじゃん。」と男らしい顔をのぞかせました。
紅一点のYちゃん。よく声を出して、ゲームに夢中になってもリピートを忘れませんでした。
一番驚いたのは、どの子も体験レッスンの1回しかBBカードで遊んでいなかったのに、しかもその日から最大で1年近く経っているにもかかわらず、覚えているカードがたくさんあったり、わかるカードがあったりしたことです。
ビンゴも2回目になると、どのカードが読まれたか、ほぼわかっていました。
こどもの記憶力ってすばらしい
こどもは天才です
これからが楽しみですね
どうぞ末永くよろしくお願いします。

-幼児グループ