幼児グループ December 4'2013

・Q&A name / age / day / date / weather
YくんとYukariは今日が5日だと勘違い。
Sくんだけが、正しい日付を知っていました

♪What do you want for Christmas?  by sss
「今日はみんなにも歌ってもらいま~す!」
「歌えないよぉ~!」

そりゃ、最初から全部はムリですよね。
だから今日は、プレゼントの単語のところだけハッキリ歌うようにしました
train / robot / rocket / teddy bear

ダンスしながらバッチリ声を出してくれたboys
そこ以外のところも、「ごにょごにょ~」と声を出して歌っていました
こどもってホントに耳がいいです。

・BBカード
★スペード+クリスマスワードカード Christmas落城ゲーム
いつもはBBカードを△に並べるのですが、
今回はクリスマスワードカードを10枚、△に並べました。
下から4,3,2,1枚。

BBカードは読み札です。
読み札から1枚引いてOSをリピート。
このクラスは、いつも主語が抜けてしまうので
リピートのとき、Yukariは(はい、みんなの番!)と手を出します

"Listen to me, very carefully."(よ~く聞いてね。)
の言葉どおり、よ~く聞いていても
リピートのときになると
「あぁー!最初なんていってたっけぇ~
となるboys

覚えてるものと、覚えていないものの差が大きいのは当たり前。
数をこなすと満遍なく言えるようになっていきます。
その間に、集中力も強化していきます

読み札をリピート後、クリスマスワードカードと合体させた文を
Yukari→みんなリピートします。

中には、文を言うと同時に、内容を理解できているものもあって
「それ変じゃな~い?!」「ぷぷぷ~!できるの~?」
なんてツッコミが入ることもありました。

ここから、オリジナルクリスマスカードのアイディアを得てもらおうと
思っていたのですが
ヒラメキを誘導するまでに至らず、失敗

「今回もオリジナルカードを作ってもらいま~す!どのカードと合体させようか?」
"Celery!!" "Jet!"といろんなBBセンテンスを選んでくれましたが、
自分で合体させるには、まだちょっと早い段階。

Yukariがヒントを出しながら、作ってもらいました。
でも、最終的にできた文がSくん、Yくん二人とも気に入ってしまって
どちらも譲りません。

「同じ文じゃつまらないよ~?」
と言っても、
「ジェットがいいんだもん。」と2人
「じゃぁ、乗る人を変えたら?」
と言っても、
「乗るのは人だからサンタさんがいい。」

結局、来週に持ちこしました
来週また合体のゲームをして、
彼らのアイディアをかき立てるようにしたいと思いますステキなオリジナルができますように

おうちでも、チャンスがあったらクリスマスの単語、
Santa Claus / snowman / present / bell / stocking / reindeer / sleigh /
Christmas tree / candy cane / candle...を使って
遊び感覚で作文してみてください。
もちろんBBセンテンスとは関係なしに、日本語でOKです。
「雪だるまがトナカイに乗ったらどうだろうね?」
「サンタさんがプレゼントの箱に住んでいたらおもしろいね♪」
そんなイメージ遊びが、オリジナル作文のいいアイディアにつながるはずです

・絵本 時間がなくなって読めませんでした。
このところ、レッスンが押して絵本が読めない日が続いています
欲張りすぎず、テンポよくレッスンを進めなくては!

 

今日は、Yくんが自分で描いたクリスマスツリーの絵を持ってきてくれました。
レッスン後に宝探しをして
見つけた人にプレゼントしてくれることになりました

Yukariも本気で探しましたが、みごと見つけたのはSくん
かたちのとおりに切り抜かれたクリスマスツリー、とっても上手に描けていました。
「このstarも自分で描いたの?じょうず!!」の声に
Yくん「。。。それはパパが描いた。。。
いいオチがつきました

-幼児グループ