小学生グループ@さくら September 21, 2016

2016/09/23

・Q&A
今日のリーダーは立候補した中からじゃんけんで決まったS。
日付けや曜日の質問、さわりをちょっと教えてあげると
”What is the date today?" ”What day is today?"など
サラサラ~っと言えるではありませんか
継続は力なり!かっこよかった~

・えほん 『Go Away, Big Green Monster!』

Halloweenの時期になると毎年読む絵本です。
"Touch your hair."などと絵本に出てくるのと同じ個所を
確認しながら読み聞かせしました。

・BBカード
★ハート+HWキャラカード Go away、Monsterゲーム
各自BBカードをよく切ります。
monsterの形に並べます。
head / chest / stomach / arm / hand / leg / foot / feet
5枚残るので、それらは横一列に並べて近くに置きます。

16枚それぞれの下にHWキャラカードを隠します。
読札と同じカードを裏返し、その下に隠れていたmonsterを退治したという設定。
。。。だったのですが、
最初に設定をもっとわかりやすく話せばよかったな。
みんなよくわかっていなかったみたい

出てきたHWキャラカードをみんなに見せて、ひとりずつ言っていきます。
知らないキャラも前に誰かが言ったのをしっかり聞いていれば、
自分が初めて引いても言えるので
みんな集中していました

S, A, Tは何年目かになるので、久しぶりのHWキャラカードも
ほぼ全部覚えていました
今年初めてのR,Kもなぜかgoblinは最初からバッチリ!
他のカードも、周りの人のを見て言えるものは自分から言い
言えないものも、リピートでちゃんと確認できました

1周した後、Yukariが引いたHWキャラとBBカードのOSを合体して言います。
みんなはリピート。
「Ghost has gone to Hawaii. なんでハワイなんだろ?」
のように、お話作りにつながるよう進めたところ
こども達から、いろんなイメージが出てきました。
えぇ!?となるようなものもあっておもしろかったです

★ダイヤ+クラブ+スペード+ダイヤ(字)+HWキャラカード 753
本日のリクエストは753。
むりやりHWキャラカードも混ぜて、それが出たときも全員でタッチすることにしました。

ついつい193と勘違いしちゃって
別のカードに手を出したり、迷っている間に最後になったり

当然、もらったカードが少ない方が勝ちとみんな思っていたのですが
何度もカードをもらうことになった子が、つまらない思いをしないよう
最後はカードが多い方が勝ちか、少ない方が勝ちか、
裏にしたカードを1枚ひくことで決めました。

でも結局
カードが少ない人が勝ちということに
でも、カードをたくさんもらってしまっても
誰一人、いじけることなく和やかに追われたのがよかったです。
リンリンのゲームは勝ち負けじゃない。
大切なのは楽しめて、えいごがたくさん言えたかどうか、です

毎年、ハロウィンには
HWキャラカードと合体してオリジナルBBカードを作ります。
既存生たちは、できるだけたくさんのカードを合体させて作ることにしました。
まだ英語歴が浅いRとKにはお気に入りで、1人で言えるBBセンテンスを
選んでもらい、それをカードに書くことにしました。
でも、もうちょっと遊んだらS(主語)替えできるんじゃないか?!と期待しているので
できそうなときは、オリジナルBB作ってもらおうと思います

-小学生グループ