高校生グループ September 10'2013

・Q&A
dayとdateをいまだに混同しているS。
毎回のように聞いているんだけど、なかなか入らない様子。
地道に続けます

・BBカード
★クラブ+ハート Jack-O'-Lantern Black Out 20枚で
上から1・3・5・5・4・2枚ずつ並べます。
前回よりも完成度が上がったことにSも納得

最初はリピートでしたが、途中から一緒に読み札のフルOSを言っていきました。そろそろ一人でもいえるかな?

最後の2枚になって、次にでるカードで勝負が決まる!と
Sに読み札を引いてもらいました。
見事!Yukariを勝たせてくれました~

★ダイヤ+HWカード 4×4 Arrow Card Game
Arrow Cardとはやじるしが書いてあるカードです。jumpやstopもあります。
ビンゴの形に並べた絵カードの下に、このカードを忍ばせました。

好きなカードからスタートして、フルOSを一緒に言います。
下のArrow Cardの矢印の方向へすすんでいきます。

STOPのカードがでたところでハロウィンカードを引き、「~だったら?」の声かけで、合体作文しました。

「Lucyがwitchだったら?」の声かけに
"Witch Locket lost..."といったS。
どこまでが主語か理解できるよう、YukariやSの名前を英語で言ってみました。

わからなくなると、OSをぶつぶつとつぶやいて
どこを入れ替えるのか一生懸命考えていました

★スペード 落城ゲーム(HW version)
カードをお城の形に並べます。てっぺんではハロウィンパーティが開かれていて、
そこに向かいます。
途中、仮装をしなくてはならないので、お着替え部屋をひとつ設定して
必ず通ることにします。

"What are you?"
ハロウィンカードを引いて、何に仮装したか答えます。
"I am a goblin."

またしても、最後の2枚で勝敗が別れる場面に!
Sに最後の読み札をひいてもらいました。そして、またしてもYukariを勝たせてくれたのでした~(笑)

このごろ、Sは本当に英語を読む力がUPしたと思います
Yukariがいくら聞いても「さぁ~???」と本人も不思議顔。
これがBBカードのおかげだったら嬉しいです

・絵本 『In the Graveyard』 In a Dark Dark Roomより

In a Dark, Dark Room and Other Scary Stories (I Can Read Book 2)

電気を暗くして、雰囲気をだして読みました。

-高校生グループ