中学生グループ June 9'2015

・英検verb
えいごを見て日本語を言う。
前回よりも言えるものが減っていましたが
それでも、3/4は言えていました
くり返しくり返しじっくり取り組みます。

・BBカード
★ハート+クラブ ノーリーダービンゴ
ハート組とクラブ組にわかれて、間につい立てをし
お互いのカードが見えないようにしました。

自分に有利なカードを選び、フルOSを言います。
相手は同じ番号のカードのフルOSを言います。
2枚を主語替え合体作文にします。

「○○が~したら?」と進めていきました。
↑の光景が頭に浮かんで、というよりは
英文が頭に浮かんで入れ替えをしているようでした。
感覚的にできるようになるには、まだまだ遊びこみが足りないようです

★ダイヤ 手持ちBreak the T5
手持ちカードから1枚選んでフルOSを言い、出します。
その後言い換え。
Ex. She told me not to come to schoo.
He told me not to live in the city.

先週、肯定文でやったときにはスラスラと言えたものが
否定文になると頭が混乱するようです。
意味は分かっているし、to comes となったら気持ち悪い。
だけどどうしても口が動いてしまう
これはたくさん言って慣れるしかありません。
いかに感覚的に例文を蓄積するか。体に染み込むまでやります。

ここでできた文章をTime for Writingに書いて整理したかったのですが
時間がなくなってできませんでした。

・えほん 『Rainbow Fish to the Rescue!』

自分たちと違う魚は仲間に入れない。
そんな偏見を後ろめたく思う虹魚ですが、やっとできた友達を
失うのが怖くて勇気がだせません。
そこへサメが襲い掛かってきて。。。
現代のいじめ問題にも通じるなぁ~と思いました。
キラキラの鱗がきれいな絵本です。

-中学生グループ