小学生グループD September 18, 2019

・絵本貸し出し、日付書き、Q&A

・えほん 『Skeleton Hiccups』

この時期になるとよく読む絵本です。
hic-hic-hic のところはみんなに読んでもらい、
単語もところどころ高学年の子たちに読んでもらいました

「スケルトンが歯をどうしたと思う?」
のような質問の仕方で意味取りをしながら読み進めました。

・No Excuse Word ② 1ビンゴゲーム
一人ずつ読み札を引いていき、単語を読み上げます。
自分のシートの同じ単語にコマを置いていき、1ビンゴ出来た人が出たら終了~!
ビンゴができた人は、それまでに置いたすべてのコマがポイントとしてもらえます💰
残りの人は、すべてのコマを戻します
「あと一人なるまでやろう!」
とこども達ねばりますが、今日は他のこともやるのでごめんね~💦とキリっと終了にしました

・BBカード
★クラブ 3枚×人数分種類 うすのろまぬけ
先週コツをつかんだみんななので、今日はとってもキビキビとゲームが進みました。
本当にみんなの手の早いこと👀!
同じカードが3枚揃ったら、素早く中央のコマを1つ取ります。
それを見たら、ほかの人もパッとコマを1つ取ります。
コマの数は、人数ー1個。一番出遅れた人がうすのろまぬけ、なのですが
大人のYukariが本気を出しても五分五分なくらい、みんな素早いのなんの✨

自分にいらないカードを隣に渡すのですが
その合図は、BBカードのセンテンス。
今日は、
The ugly umbrella is unhappy on a fine day.
をQueにしました。
カードを渡すたびに全員で、↑を言います。
何度も言っているうちに、あいまいだった個所もクリアになったり
言えなかったところが言えるようになります。

★ダイヤ(絵or字)+動詞カード ノーリーダービンゴ
1枚カードを裏返すたびに動詞カードから1枚引き
BBカードの主語を代名詞にして、He smiles. その後  I smile.
主語によって動詞に変化がある、って気づいたかな?

「あぁ~違うね。」
「うん、最後が違う。」
と、気づいた子もいたみたい

knock のような単語が出たときは
I knock. だけじゃなく、
「何をノックしようか?」とみんなと考えて
I knock on the door.
のように、文章を長くして言ったりもしました

最後は、2チームに分かれてポイントを数えます。
玉入れの要領で、コマをボックスに入れていき、どちらのチームが多いか?!
多い方のチームがチャンピオンです
個人でのポイントが少なくても、チームになればチャンピオンかもしれない。
最後まで勝敗がわからないのが、ゲームのいいところ♪
だから、途中でいじける子はいません負けても、一人だけじゃないので
チャンピオンチームに拍手を送ることができます👏
今日も拍手で終了~

-小学生グループD