小学生グループD January 23, 2019

2019/01/24

・絵本貸し出し、日付書き、Q&A

・えほん『Inky』『The Pond』
Jolly phonicsの赤ラベルの絵本です。
42音を学んだので、クラスのみんなは全て読むことができます。
まだ練習も必要だし、忘れている音もあるけど
達成感を味わって次のモチベーションにつなげるのにいいシリーズです。
ただ、お話のおもしろさはORTにはかないません。
ORTはやっぱりおもしろい

・No Excuse Wordビンゴ③
1ビンゴ出来た後も、「もう一人できるまでやろう!」とのリクエストにより
最初にビンゴができた人と、2番目にビンゴができた人までポイント💰✨

・BBカード
★ダイヤ+形容詞カード ノーリーダービンゴ
フルOS→形容詞カードをひいて She is happy. のように
主語を代名詞にかえて、「〇〇は~です。」と形容詞を入れて言いました。

最初はリピート。だんだんとこども達に促していきました

happy/sadが1枚になったカードがあるのですが、
選んだ方は sad (男子って、こういうときわざと”負”の方を選ぶよね~。おもしろがって。)

Why is he sad?
とそこからまたイメージを膨らませてみました。
「あのね~。。。」
と出てくるのはもちろん日本語ですが、内容がへんてこでおもしろおかしくって
クラスのみんなが想像して笑いました💨
これが、えいごで言えるようになったらカッコいいなぁ~🌈
なんて思いながら、あんまし長かったので「はい!そこまで~!」と打ち切りました

どの主語に、どのbe動詞がつくか?
その規則性に気づいたかな?
isは言い慣れていても、areにはまだまだ慣れていないので
また別の角度からチャレンジしていきます!

★クラブ×2セット たこやき<月名>
2チームに分かれて対戦しました。
年の初めによくやるゲームです。
各チーム6×2列に裏返してカードを並べ、残りは場に裏にして出します。

選考チームが場カードから1枚引き、フルOSを言います。みんなリピート。
数字が12ヶ月の中にあれば、月のうたを全員で歌いながらその数字のカードまで行きます。
カードを入れ替えて、新たにめくったカードがさらに12ヶ月の中にあれば、↑を繰り返し
13以上であれば、相手チームの番になります。

この6×2列に並べたカードがたこ焼きで、裏返されるとおいしく焼けたということ、
大きい数字は焦げたこ焼きとして横によけておきます。

場カードがなくなったとき、焼けたたこ焼きの数が多いチームが勝ちです。

カードを入れ替えるとき、次にくるカードが12か月の中にあるのか?ないのか?
自分チームも相手チームもドキドキしているその表情がよかったです。

そして、カードが12か月の一つだったときのうれしそうな顔!
そうじゃなかったときの落胆の顔!
これもまたよかったです
って、えいごとは関係ないことなのですが、しっかり意味とりもしつつ
フルOSも定着させつつ遊びました

リクエストにでたUFOゲームが、時間の関係でできなかっただけが心残り
次回、最初にやろうかな

 

 

 

-小学生グループD