幼児グループ November 13'2013

・Q&A
name / age / day / date / weather
It's snowy and cloudy. ついに雪が降りましたね~
Wednesdayは、まだスラスラとは出てきませんが
ちょっと待ってあげると自分達から言えるようになってきました。

・BBカード
★ハートNo.2~16+ハート文字No.1 ビンゴときどきフォニックスビンゴ
文字カードは絵カードと違って、色がありません。black and whiteです。
でも、少しずつ絵カードと混ぜて遊ぶことによって、
文字カードも絵カードと同じように、拒否反応なしに受け入れられます。

フォニックスというのは、えいごの音のルールのことです。
bのアルファベット読みは「ビー」ですが、フォニックス読みは「ブッ」です。

「z , z ,この音のカードはどれだと思う?」
フォニックスビンゴは、音と絵との関連に気づかせるゲームです。

"t"の音は、YくんもSくんもよく理解していたようで、
すぐに当てることができました

その他の音は、わかるものもあれば、全くのものもある、という感じ。
これからこれから、です

★スペード×2セット+スペード文字 カルタ
先週燃えたので、またやってみました。

今回は3セット中1セットは文字カードです。
さて、どうやって文字カードを見つけるかな~?と興味深く観察していると。。。

「絵は○番だから。。。スペードの○、スペードの○。。。あった!」

教えなくても、ちゃぁ~んと番号なんてものを見て、
自分で見つけていました

見つけるヒントを「自分なりに考えて、導き出す」
これは、学習にとってとても大事なことです。

この力が備わっていると、すぐに誰かに頼らず、まずは自分で考え、推測します。
自分で答えを導き出すと、次からは決して忘れません。

・絵本 ORT『Look at Me』

Oxford Reading Tree Stage 1+: First Sentences: Look At Me

本文のほとんどが"Look at me."ですが、そのときそのときによって
感情が違います。

1回目読み聞かせ→2回目一緒に読む

2回目のときは、気持ちを入れて読みました。

"Look at me, Mum."
の後には必ず、「かぁちゃ~ん!」と、
Sくんの合いの手が入ってみんな爆笑でした

 

レッスン後、混ぜたみんなのカードを名前別に分けてもらいました。
早く終わったYくん、Sくんに「手伝おうか?」
言うと同時に、もう手伝っていました。

自然に、お友達にやさしくできるっていいですね
もちろん、いーーーーーーっぱい褒めました

-幼児グループ