大人グループ(夜) September 3'2013

・ことわざカルタより
"Let sleeping dogs lie."

・phonics "igh" "ough" "aught"
複雑なつづりですが、音は意外に単純でしたね。

・BBカード
★クラブ Jack-O-Lantern Black Out 20枚で
絵カードと字カードを混ぜて、そこから20枚とってジャコランタンの形に並べます。
上から1・2・3・5・5・3・1。
目と口を取り除くと、ほら!全部裏返ればオレンジ色のジャコランタンの完成です。

各々、混ぜた32枚のカードから20枚ランダムに選んだのに、最後は同じ2枚が残りました。
Kさんが持っている唯一1枚の別カードが出てしまえば、みんなtie(引き分け)です。

案の定、次に出た読み札はその1枚で、結果はみんな引き分け
そんな確率って高いのかなぁ~?

★ダイヤ チッププラスビンゴ Halloweenカードを使って → 頭脳ビンゴ
各自好きなカード3枚にチップを置きます。
読み札のOSをみんなでいい、チップがあるカードが裏返った人は
裏にしたHalloweenカードから1枚選んで、作文をします。

なかなか面白い文章ができました
A:Betty Botter bought some bats(だったっけ?) for her mother.

Why ? To eat?ww  For a magic?
Is Betty's mother a witch?どんな顔してるの~!
っていうことは、Bettyちゃんも魔女~?!

M:Jack and a skeleton jumped into the jet in a hurry.

慌てて飛び乗ったら、skeleton転んでバラバラになっちゃう~

K:A scarecrow has gone to Australia to meet kangaroos.

How has he gone to Australia?
He has gone to Australia by jumping.
He can do some magic. ハウルの城みたいに(笑)

ひとつの作文からいろいろとイメージやお話が広がっておもしろかったです

頭脳ビンゴでは、作った文章を思いだして言ってみました。
このゲームが得意なKちゃんのママ、Kさん。
さすが親子!あと2枚でパーフェクトでした

・絵本 時間がなくなって読めませんでした。

 

 

 

 

-大人グループ(夜)